外国人集客

美容師の集客も動画時代に突入!?今話題のsalomeeを徹底解剖

10年以上前はお客様が髪を切る時に調べていたのはお店の名前。知名度の高い美容室は路面店など人目につくお店が人気になりやすく、テレビや雑誌などの媒体を使った集客がとても大きかったですね。
そして5年ぐらい前ぐらいから少しずつ美容師を探すようになってきました。
美容室を探していた時代から美容師を探す時代の突入でした。

広告媒体もサロン毎のホームページから大手美容サイトへ、そしてInstagramやツイッター、FacebookなどのSNS時代に。

またお客様が求めるスタイル探しも髪の媒体からネットへ、そしてこれからは動画時代へと突入の予感を感じさせてくれるのがこのsalomeeです。

今ではたくさんの美容師さんがYouTubeなどで個人のチャンネルを持ちユーザーを集めてますが、集客向きと言うより企業とコラボしたり商品の説明、またスタイングのやり方を説明する事でユーザーを集めて広告という意味合いの方が強く感じます。

ではこのsalomeeはどういった方法で、どのように集客する事が出来るのかを紹介していきたいと思います。

salomeeって何なの?集客にどうやって使うの?


参照 株式会社Personize(ペルソナイズ)
salomeeは美容師、ネイリスト、エステティシャンがライブ動画を使ってユーザー向けにスタイリングなどの技術の紹介やサロンで使われてる商品をオンラインやオフラインで紹介してインセンティブをもらえるアプリになってます。

また実際に来店して予約したいと思うユーザー向けに動画の視聴画面からでも見てるスタイリストに予約する事ができるサービスも追加されました。

salomeeでスタイリング方法やアレンジ方法、またサロンで扱う商品を紹介することで集客や売り上げにも結びつける事が出来ます。

salomeeって無料なの?それとも有料?

salomeeでは個人、またはサロンで登録する事が可能ですが、個人の場合は月額2980円でサロンだと人数などによって値段が変動するみたいなので直接確認してみてください。
アプリ内では無料クーポンというものを使って来店を促す事ができ、協賛してくれるメーカーが紹介してほし成品を使ってユーザーに0円クーポンを配布して来店させることが出来るんです。テレビショッピングやネットショッピングなど以前からいろいろありますが美容版としてアプリでやることは珍しいですね。

salomeeではどんな美容師が登録されてるの?

今のところ配信者数は200人(180店舗)を超え、取り扱い商品数は30万点を超えてるみたいです。また登録されてる美容師のSNSのフォロワー数は合わせて250万人以上なんです。そのフォロワーの方が動画配信アプリsalomeeへ流入してくれば今よりもっと集客に生かすことができ、また来店しなくてもネットで商品の販売が出来るので売り上げアップにもつながります。
salomeeで登録されてる美容師さんの中には超有名なヘアメイクアップアーティストさんや有名美容師さんも登録されてます。

サロン集客は雑誌など紙の媒体からネット、そして動画時代に突入?

最近では動画配信で人気のShowroomのように動画配信サービスが以前よりも増して増えていってます。Instagramのストーリー機能やYoutuberにもライブ配信する方がたくさん増えてきました。

一般の人たちはよりリアルな情報をリアルタイムで手に入れたいと思い始めてるので、紙面やネットで検索した商品やサロン情報の信頼性よりもライブ配信でスタイリストの話し方や接客の仕方などネットの写真だけではわからないリアルなスタイリスト像を感じることができ、商品をリアルタイムでプロが使って説明してくれるので言葉の説明プラス使い方の説明をサロンで紹介してくれるような感じで自宅で見ることができます。

お客様の目線からすると、今まで行ったことのないお店に行く時は、口コミやお店の雰囲気を写真で確認するか、友達からのお勧めなどを参考にすることが一般的でしたが、ライブ動画は来店しなくても本当に自分に合う美容師を探しやすくなりました。

お客様が美容師に求めるものは多種多様で、見た目、人柄、性格、技術力、話し方、相性などなど長くずっと通えるスタイリストを見つけることが大変困難です。そういう方にとって一度で良い美容師が見つからないとたくさんの美容室に来店しながら自分に合うスタイリストを探すまでに時間がかなりかかるかと思います。

お客様自身も一度自分に合うスタイリストが見つかる事が出来れば安いクーポンサイトを使う必要もなく、大きな広告費もかけずとも美容師さんも長く通ってくれるお客様を獲得できるようになると思います。

まとめ

美容師も二極化になり、個人で集客できる人たちはどんな場所でも売り上げを上げる事ができ、美容師売り上げ以外でもメーカーとコラボなど広告関連でも売り上げを伸ばせるようになってきます。
また個人集客できない美容師は集客をしてくれるサロンに依存しないと売り上げを立てる事ができなくなり今後は働くサロンの経営状態やプライスなどの変動次第で給料も安定しなくなる可能性もあります。

新しいサービスが導入される事で若い美容師、またアシスタントでもお客様へアプローチする事ができる時代なので、今現状に満足せず新しい取り組みに挑戦できる美容師になっていっていただきたいなと思います。