集客

【2021年最新】Googleマイビジネスで検索上位(MEO対策)する方法

この記事を読んでいる皆さんの中には様々な店舗型ビジネスを運営したり働いている方かと思います。

令和に入り、ポータルサイトだけで集客していたお店はどんどん掲載する店舗同士でお客様の取り合いになり、高額な広告費用を毎月垂れ流す状況

実際にホット◯ッパービューティーやグルメなどお金を出さないと上位表示されず集客に繋がらないサロンがほとんどです。

そんな額な広告費用を毎月のように使用していても、他社が同じように同じプランで広告を掲載すれば結局は奪い合いになるばかり

またクーポンに特化してしまっているからこそ、安い値段でしか来店しないお客様ばかりを集客してしまうのでリターンに繋がらない

今の時代お金を使わない集客方法があるのに、どうしてやらないのでしょうか?

やっていたとしても、結果が出ていないからお金をポータルサイトを利用しないと新規客が来ないと思う経営者が多すぎるのかもしれません。

店舗型ビジネスの中で、無料かつ大きな新規集客を見込むことができるのがGoogleマイビジネスです。

実際私自身が国内外で合わせて8店舗、美容室の集客を手伝っていますが、googleからの新規集客数が1ヶ月で100人〜200人も来ているサロンが3店舗ほどあります。

Googleマップ上で検索する人はお店の検索をする人はとても多く、今後はポータルサイトではなくGoogleマップ上で店舗の予約、ショッピング、テイクアウトなどされていきます。

実際にGoogleではGoogleマップの開発をどんどん進めており、今では予約の入り具合、予約の状況など詳しい情報までユーザーが確認できるようになってきました。

この記事を読んでいる方ならもう理解していると思いますが、今後はポータルサイトではなくGoogleマップ上で予約をする人がますます増えるということです。

ポータルサイトにわざわざログインして利用する人は今後は減っていく事に早く気付きましょう。

そして、無料で集客できるGoogleマイビジネス を検索上位(MEO対策)して新規客獲得をできるようにしていきましょう。

この記事は初心者の方から経験者まで幅広い内容で書かれています。

初心者の方は最初から、すでにマイビジネスを運用している人などは後半の部分へ飛んでから読み進めて頂けたら嬉しいです。

Googleマイビジネス とは

Google マイビジネスは、Google 検索 Google マップなど Google のサービスにビジネスお店などの情報を表示し、管理するための無料のツールです。
参照 Googleマイビジネス 

と記載されてあります。

無料で、世界中で沢山の人が使用しているGoogleに自社の情報を掲載できるので集客に繋がりやすいですよね。

今ある様々なポータルサイトも全てGoogle上の検索結果として表示されているにすぎません。

そのGoogleが今はGoogle上で予約機能などを掲載しているのですからもはやユーザーがGoogleから直接予約する方向に行くのはごく自然な事ですよね。

Meo対策とは

Meoとは、Map Engine Optimizationの略で、Googleのマップ検索の最適化をする事をMeo対策と言います。海外では「ローカルSEO」と呼ばれています。

このMeo対策をする事で、ユーザーが美容室、飲食店、整体院、病院、ネイルサロンなど様々なお店の予約や検索をする時に上位表示するようになり、実際の予約に繋がる対策の事です。

店舗型ビジネスの多くはポータルサイトに依存してしまい、無料でも沢山の新規客を獲得できるMEO対策ができているお店がまだまだ少なくブルーオーシャン状態です。

周りのお店との差別化を計るのならしっかりと対策を行いましょう。

Googleマイビジネス の登録方法

Googleマイビジネス の登録方法を最初から説明していきましょう。

登録するにはGoogleアカウントを持っていないと設定や編集ができません。

お店用にGoogleアカウントを作って設定をしてみましょう。

Googleアカウントの作り方

Googleビジネスを作る際にはGoogleアカウントが必要になりますので、まずはアカウントを作りましょう。


上記のログイン画面から名前と、Gmailに使用するユーザー名を記入します。
その後にパスワードと記入し次へに進みます。

 


次のページでは、確認用の電話番号を登録し、再生設定用のメールアドレス(もしGmailのアカウントを忘れてしまった場合の確認用アドレス)を登録し、生年月日、性別を記入し次へ。


次に進むとグーグルの規約に同意するを押してアカウント作成完了です。
作成はこちらからGoogleアカウントの作成

Googleマイビジネスのオーナー確認方法

まずは一番初めに、もし店舗があるお店の場合、Googleが自動的に地図情報などを元にGoogleビジネス情報が掲載されてるケースがあるので、まずは初めに登録したGmailアカウントでログインして、ご自分の会社名を入力してみてください。

その際にご自身の会社名が地図上に出てきているようでしたら、

写真に表記されてある【このビジネスのオーナーですか?オーナーでしたら申し出ください】と言う部分をクリックして、businessオーナーの利用規約に同意するにチェックを入れて、続行をクリックします。

Googleから確認コードを受け取り、そのコードをマイビジネスで入力すると完了します。
確認コードの受け取り方法は

ハガキで受け取る
電話で受け取る

の二つがメインになります。
ハガキの場合は2週間〜19日ほどで確認コードが記載されたハガキが登録されてる住所に届きます。

早く確認コードを受け取りたい場合は電話での受け取りを選びましょう。

Googleマイビジネス 登録方法(Map上に自社の名前が表示されてない人)

Googleマップ上で自社のビジネスを検索して、まだGoogleマップ上であなたのお店の名前が検索結果に表示されていない場合は1から作りましょう。

マイビジネスの登録から登録を開始します。

使ってみるをクリック。


はいをクリックし次へ。

住所の位置を正確なところへ赤いマークを移動し調整します。

ここまでできましたら、先ほどと同じように


【はい】か【いいえ】をクリックして次へ

カテゴリーを記載して次へ。


電話番号、ウェブサイトのURLを記載し次へ

この画面で終了すると完了になります。

Googleマイビジネス の基本情報の編集

お店の情報を編集するときには、左の画面にある情報をクリックすると様々な店舗情報を編集できます。

編集できるお店の情報には

  1. 店舗名
  2. カテゴリー
  3. 住所
  4. 電話番号
  5. お店のコンセプト
  6. ホームページのURL
  7. 営業時間
  8. 写真
  9. サービス
  10. お支払い情報
  11. バリアフリー
  12. 商品

が編集できます。

入力できる内容は全て入力するようにしましょう。

①店舗名

お店の店舗名は、ホームページやポータルサイトなどに記載されている名前と同じように記載しましょう。

英語表記、大文字や小文字など一言一句正しくなるように記載しましょう。

※有料版では店舗名を使って上位検索可能な方法も紹介しています

②カテゴリー

カテゴリーは業種を表すものなので、美容室、整体院、飲食店などお店の業種を記載しましょう。

③住所

住所はビルの名前や番地までしっかりと記載しましょう。

※有料版では、検索表示の順番が大きく変わってしまう住所入力の落とし穴について解説しています

④電話番号

電話番号で2つ用意されている店舗などもあるようですが、Google側からすると間違われやすいので、1つだけ掲載するのがオススメです。

⑤お店のコンセプト

お店のアピールポイントやコンセプトを記載しましょう。750文字まで書き込めますが、あまりにも多すぎるとサロンの特徴がわかりづらくなるので、ポイントを抑えて書きましょう。

⑥ホームページのURL

このURLをホットペッパーなどのリンクに繋げているサロンも数多くありますが、損しているのでホームページが無いサロンは必ず作りましょう。

ポータルサイトのURLを貼り付けているサロンは将来的にデメリットしか無いので今からでも自作、または業者にお願いしてホームページは作りましょう。

⑦営業時間

営業時間以外にも、祝日や臨時休業日などの設定もできます。

こういう細かい設定もしっかりと登録して、ユーザー第一を考えて設定しておきましょう。

⑧写真

登録できる写真には、オーナー提供/ユーザー提供/360/動画/店内/外観/職場/チームなどがあります。

自社で用意できる写真を掲載してユーザーにみてもらいましょう。

※有料版ではMEO対策につながる写真の登録方法を公開しています

お店の情報としてたくさん入力する場所がありますよね。

⑨サービス

店舗で提供しているサービスの種類や値段を写真と一緒に登録できます。

⑩お支払い情報

カード決済や電子決済など、支払い可能な情報が多数あるのでユーザーにも見つけてもらいやすいように支払い方法を多数設定しておきましょう

11バリアフリー

グーグルが提供してある情報の中からバリアフリーの設備があるかないかを選択します。車椅子や障害がある方でも利用しやすいお店なのかどうか判断できるようにしておきましょう。

12商品

店舗で販売している商品の写真と説明、値段などをここでは登録できます。

この商品画面はGoogleマップでも表示されやすいのでしっかりと情報を入力しておきましょう。

情報量がしっかり書き込まれているほど、Googleからも信頼してもらいやすいのでMeo効果が高くなるので忘れずに編集しておきましょう。

Googleマイビジネス の使い方

Googleマイビジネス の登録が終わったら、これからは使い方を説明してきます。

Googleマイビジネス の一般的な使い方である『投稿』について説明していきます。

Googleマイビジネス の投稿機能の使い方

Googleマイビジネス の投稿機能は各カテゴリーに合わせて、サロン状況に合わせたプロモーションやお知らせができます。

Covid-19
最新情報
特典
イベント
商品

Covid-19

今では、コロナがまだまだ流行しているので、お店の店舗がオープンしているのか、店舗状況などを更新するために用意されている投稿画面です。

最新情報

お店にとって新しい情報を投稿できます。最新情報ではなくても、ユーザーに見てほしい内容であれば何でも投稿できます。

特典

クーポンのような機能で、割引などのサービスがある場合は金額や割引率など設定ができるのでとても便利な機能です。

イベント

お店の1周年などの記念日などや、各店舗で行う催し物などのイベントをユーザーと共有できます。

商品

店舗で販売している商品やメニューなどを写真や値段、そして説明など詳細を記載することができます。

このような投稿は、情報の更新頻度が高ければGoogleからの評価もよくなるので、こまめに更新していきましょう。


全ての投稿画面の一番下には、このようにボタンを追加する事が可能になります。投稿した内容からお店の予約サイトに飛ばしたいときや電話予約がすぐにできるようにする事で簡単に予約につなげる事ができます。

もっとお客様にお店の情報を伝えたいときは、詳細を使いホームページに飛ばしてあげたり、オススメの商品を売りたい場合は購入画面をボタン設定してあげると売り上げにもつながるので、投稿画面にはこのボタンを追加することを強くオススメします。

※有料版ではMeo効果のある投稿方法を解説しています

Googleマイビジネスのインサイトを確認しよう

 

インサイト画面ではたくさんの情報を確認することができます。

 

あなたのお店を見つける際に、直接店名で探したのか、それとも関連する名前で探したのかの割合を見ることができます。

あなたのお店を見つける際に使用したGoogleサービス別の表示回数が確認できます。

この数字の動き方がとても重要なMEO対策をする上で大事な部分になってきます。

ユーザーがあなたのGoogleページから行動に移した内容を確認できます。

お客様が来店する際に使用したルート別の情報が確認できます。

グーグル上から電話した通話数が確認できます。今ではネット予約やスタイリスト個人のLINE予約なども主流になってきているのですが、この電話予約はGoogle検索でも大きく影響してきます。

MEO対策するには電話予約も増やすことも1つの方法なので覚えておきましょう。

グーグル上でお客様から見られたあなたのお店の写真の閲覧回数を確認できます。

ユーザの中には、写真から検索する人も数多くいるので、お店の情報だけにとらわれずに写真からの検索流入などもあるという事も知っておきましょう。

※有料版ではMEO対策に繋がる写真の登録方法を解説しています

口コミ

Googleで重要になってくる口コミは、来店するお客様にとってとても重要なポイントになります。

口コミが定期的に投稿されてあるサロンは信用度が高く、Googleマップ上でも上位表示されやすくなるので、口コミを書いてもらえるようにお客様に促すようにしましょう。

メッセージの送受信

Google上からお客様がメッセージで問い合わせができるようになります。

パソコン画面の場合は、必要なグーグルメッセージのアプリをダウンロードしないといけません。

ウェブサイト

このウェブサイトはGoogle上で簡単に作れる簡易ウェブサイトになります。お店のウェブサイトを持っていない方はこちらで作ると手間が省けるのでオススメです。

MEO対策を考えている人は、必ず自社のホームページを必ず作りましょう

MEOツールやMEO業者について

Google検索で上位表示できない店舗が利用しているのがこのMEOツールやMEO業者を利用する方法です。

MEOツールとは

Meoツールとは、AIなどを利用して検索上位表示されやすいキーワードを見つけたり、MEOに必要なインサイト情報を1年や2年分記憶してくれるツールです。

Googleマイビジネス のインサイトの情報は3ヶ月分までしか保存されないので、そのツールなら長期間のデータを保存できるという所が利点です。

AIが集客に繋がりやすいキーワードを選んでくれるという機能もあるようですが、そんな機能を使わなくてもその他の方法でキーワードを見つけることが可能です。

またインサイトの情報もエクセルや写真などで保存しておけばツールを使う必要性もないのでお金の無駄です。

効果の出ないツールにお金を使わず、上位表示させるための作業と知識を勉強しましょう。

MEO業者とは

MEO業者とは、あなたのビジネスをGoogleマップ上で1ページ目に表示させてくれる機能を提供しています。

検索上位に表示したいキーワード数などによって料金がかわったり、クリックされた回数ではなく表示した回数などに重きを置いているのでコスパが悪いです。

上位表示されても来店してお金をユーザが払わないと利用する意味がないわけですから、上位表示させるだけにお金を毎月支払うのは無駄なのであまりオススメしません。

Googleマップには10店舗ほどのお店がずらっと表示されますが、その中から選んでもらう為の施策もしなければなりません。

どれだけ上位表示をしてもらっても、その中身が悪ければ来店にも繋がらないので上位表示だけにとらわれないようにしましょう。

MEO対策の方法

ではGoogleマイビジネス で上位表示するために行うMEO対策とはどんな事をやればいいのか?

本格的な対策は有料版で細かく説明していきますが、その前にGoogleマイビジネスの上位表示に影響する5点を簡単に説明しておきます。

情報の正確度

まず自分でできる施策の1つとして、情報の正確度をあげましょう。

ネット上に掲載されているあなたのお店の情報は全て一致していますか?

  • Facebook, InstagramなどのSNSに掲載されている情報
  • ポータルサイトに掲載されている情報

上記に記載されている店舗名、住所が一言一句正確に間違いが無いように記載されていますか?

これが以外と正確に一致していない店舗がとても多いです。

文字が大文字や小文字になっていたり、英語表示も同じく。

この情報の正確さはGoogleが店舗情報を確認する上でも重要な部分なので、もう一度ネット上に掲載されている情報を確認してみましょう。

サイテーション

サイテーションとは直訳すると『引用・言及』という意味になり、ネットやSNS上でお店などの名前紹介されたり(言及される)ことです。

このサイテーションはGoogleマップの検索やローカルSEOで上位表示に大きく関わってくるものと考えられているんです。

テレビなどで食べ物が紹介されたりすると、一般のユーザーがこぞってネットで検索したり、様々なメディアで取り上げられたりしますよね。

こういうのがサイテーションでそのお店の人気をアップさせてくれるので上位表示されやすくなるんです。

ですが一般的にはメディアに取り上げられたりするのは難しいですよね。

今の時代であればSNSであなたのお店にフォロワーがたくさんいれば、反応するユーザーやハッシュタグを利用する人が増えるのでサイテーションの代わりになります。

または、お客さんにインスタでタグ付してもらったり、シェアしてもらいましょう

口コミ

Googleはあくまでユーザー第一を考えたサービスを提供しています。

なので、第三者の意見である口コミの機能をとても重要視しています。

あなたのGoogleマイビジネス には何件の口コミが評価されてますか?

ここで注意して欲しいのが、口コミは多ければ多いというわけではなく、継続的に一定の口コミが書かれ続けているビジネスの方が上位表示されやすいです。

なので、口コミを1ヶ月に10件書いてもらっても、次の月に1件や2件だと上位表示されにくいんです。

一時的な評価ではなく、継続的に良い評価を受けているビジネスの方が上位表示されやすいというわけです。

ビジネスの継続年数

Googleマイビジネスは人間の年齢とよく似ています。

マイビジネスを登録してから長くたてばたつほどGoogleから信頼してもらいやすくなり上位表示へと繋がります。

Googleマイビジネス でMEO対策などあまりしていないサロンでも、長く運営しているだけで上位表示されやすいんです

逆を言えば、マイビジネスを作ったばかりの店舗は、最初の1年〜3年ぐらいは上位表示されにくいんです。

Google側から見ても、マイビジネス 登録したばかりの0歳児より、マイビジネス 登録してから10年立っている10歳の方が信頼できるから上位表示するわけです。

なので、店舗ビジネスでも個人でビジネスしている人でも早く登録をしておきましょう。

上位検索したいキーワードを絞る

Googleでお店を検索するユーザーは、どんなキーワードで検索していると思いますか?

飲食店で言えば、ラーメン、居酒屋、魚料理、肉料理、ステーキ、ファーストフードなど検索するキーワードは様々です。

美容室で言えば、表参道◯美容室、原宿◯美容師、ヘアカラー◯銀座、髪質改善◯オススメなど様々です。

ユーザーが検索する意図を汲み取り、自分のビジネスが上位表示させるために必要なキーワードは何なのかを絞ると、そのキーワードをベースに対策を行うことができます。

この方法はマイビジネスを登録したばかりの店舗でも、しっかりと狙ったキーワードで対策をしていけば1年以内で上位表示されたりします。

5つのMEO対策を解説

ここまではネット上で書かれている大体の情報をまとめてみました。

ネット上には大まかな事が書かれていますが、やはり具体的に何をどうすればいいのか詳しく書かれているものは全くありませんでした。

私自身もそんな中で、8店舗の美容室で様々な施策を繰り返しながら見つけた方法などを有料版で公開したいと思います。

日本、ロンドン、ニューヨークにある美容室がGoogleマイビジネス でMap検索1ページ目に乗るようになった方法や、そこから来店に繋げる方法まで解説しています。

これから説明する方法は、美容室についての成功例を元に書かれていますが、それ以外のサービス(飲食、ネイル、マッサージ)などの店舗型ビジネスであれば利用できる方法です。

無料のGoogleマイビジネスで集客ができるようになると、毎月の広告費用もかからなくなるので店舗ビジネスにとってはメリットしかありませんよね。

実際問題、今のこの時期でもMEO対策をしている店舗はさほど多くなく、未だポータルサイトに依存しているビジネスばかりです。

周りのサロンのように安売りクーポンでお客さんを呼ぶ方法だとリターンに繋がらずに、スタッフの給料も上がりませんよね。

Googleマイビジネスの検索から来るお客さんは、安売りのクーポン目当てで来るお客様とは違い、質が良く定価でもリターンで戻ってきてくれる良質なお客様ばかりです。

店舗型ビジネスをしている方で、本気で集客を改善したいと思っている方は有料版をぜひ読んでみて下さい。

毎月数万〜数十万支払い続ける広告費用で一生コストをかけるのか、しっかりと集客に繋がる勉強に費やすのかによって将来の店舗ビジネスの伸び率も変わってくると思います。

こちらのGoogleマイビジネス は一例ですが、このように右肩上がりにあげることはできるんです。

何もしなければ右肩上がりにはなりません。

様々な事を試して、その都度上位表示されるようにPDCAを回してきたからこそ上記のデータのように右肩上がりで上位表示されるようになり、そこから来店へと繋がるようになりました。

僕の肌感からして、Googleマイビジネスでの閲覧数と来店人数の数字を紹介します。

閲覧数 来店人数
1万 10人前後
3万 30人〜50人
5万 50人〜100人

実際にあなたのビジネスの閲覧数をみてみて下さい。

業種によって来店数が変わってくるとは思います。

これだけのお客さんが無料で来店してくれるツールGoogleマイビジネス今よりもっと活用できるようになりましょう。

もちろん、個人で働いている美容師、ネイリストやエステティシャン、ジムトレーナーも個人用でマイビジネスを作りましょう。

将来自分がビジネスする上で利用できるツールなので早めに作っておけばそれだけGoogleからの信用を得ることができます。

これからは個人で働く時代なのでフリーランスで働く人にとっても集客できるようになれば安定して収益を個人で売り上げる事ができますよね。

実際に私が手伝っているサロンのうち、2つは個人のフリーランスで活動している方ですが、その方達のマイビジネス も一年経たずして毎月10人前後新規客が来店できるようになっています。

インスタグラムなどもそうですが、個人でこれから働こうと思っているサービス業の人たちも間違ったやり方でやり続けても結果がでません。

最短で最速に結果が出るようにするためには、勉強と行動あるのみです。

『いずれやろうかな』

『手が空いたら始めよう』

『独立したら始めよう』

ではもう遅いんです。

早く行動すればするだけ周りより早く結果が出せるんです。

いつやるの?

今でしょ!!(古)

とう事で話は長くなってしまいましたが、ここまで説明したのには理由があります。

私自身も8店舗のお店の集客を管理し、以前働いていたお店では5店舗のマネージメントをやっていました。

以前働いていたお店は辞めましたが、僕自身が辞めた後は新規客数が毎月100人以上きていた店舗が今は30〜50人へと大幅に減ったそうです。

そのうちの2店舗は売り上げが経たず閉店。

そしてそのお店では給料を減らされたり、アシスタント全員解雇させられたりしたそうです。

これって誰が悪いんでしょう?

  • マーケティングができなかったオーナー
  • 個人集客を全く意識していないスタイリスト

の両方だと僕は思っています。

オーナーもスタイリストもしっかりとマーケティングができればお店の集客を維持でき、売り上げも上がり給料もアップするので離職率も減りますよね。

店舗を構えているオーナーさんは自身のサロンで集客ができなければいずれ潰れます。

お店が集客した新規からしか集客する力がないスタイリストはある日突然解雇されますよ

どんなビジネスでもマーケティングはとても重要です。

今からでも勉強しようと思っている人は、自分の為になるので新しい知識を吸収して行動にうつしてみて下さい。

きっと一年後に、

『今勉強して行動していて良かった』

と思える日がくると思います。

有料版はNoteで販売していますので、こちらのリンクから飛んでみて下さい。

それ以外にも、個人でInstagramで集客する方法も解説しています。

どちらとも集客アップに繋げたい、サロンオーナー、スタイリストそれぞれに読んで頂きたい内容となっているのでぜひ見てみて下さい。

Meo対策NoteInstagram集客

美容師の方は下記の記事なども参考にしてみて下さい!

【2021年最新】人気美容シザー(鋏)&セニングやブランドを徹底解説これから新しいシザーやセニングを購入しようと思っている方の為に、人気のシザーや知っておきたい美容師&理容師のハサミ情報を紹介したいと思い...
【2021年最新】Instagram(インスタグラム)集客方法を徹底解説 これからインスタグラム運用をしっかりと行い、集客に繋げて行きたいと思っている人向けに、インスタグラムを使って集客に繋げるまでのプ...
【2021年最新】Googleマイビジネスで検索上位(MEO対策)する方法この記事を読んでいる皆さんの中には様々な店舗型ビジネスを運営したり働いている方かと思います。 令和に入り、ポータルサイトだけで集客...